明日の健康を
創造する

黒人参は、大地の栄養を吸い尽くす
「生命力の凝縮体」

最高峰の韓国産高麗人参を蒸気で蒸して乾かす蒸熟・乾燥の過程を3回以上繰り返したもので茶褐色から黒褐色になります。
「高麗黒人参」には高麗人参の主成分であるサポニンが凝縮され、
高麗人参の最高峰といわれる紅参よりも多くの種類のサポニンが含まれています。

「真美源」は、「高麗黒人参」の粉末のみ使用して、
1粒の中に
280 ミリグラム
含んでいます。
「高麗黒人参」の成分に徹底的にこだわり、
一粒一粒の成形に必要な素材を除き他の成分は一切含まれておりません。


体の中からキレイに!
そして日々の活力のために!

「真美源」は、古くから漢方として用いられてきた最高級の高麗人参を、
高麗黒人参に加工し粉末にした原料のみを使用し、
日本国内で生み出された安全で安心な健康食品です。
皆様の、「内側からのキレイ」と「日々の活力」のために…
「真美源」は新発想の健康サポート食品です。

「高麗黒人参」のご説明

人参産業法第1条の3(その他の高麗人参の種類)1項によると、高麗人参を蒸気やその他の方法で3回以上蒸して乾燥したものは淡黒褐色または黒茶褐色を帯びる。 黒参は蒸して乾かす過程の回数によって色が変わり、高麗人参の有効成分(サポニン)が異なる。

  • 黒参には他の高麗人参には含まれていない老化抑制成分、ガン細胞増殖抑制成分、抗腫瘍成分、ガン細胞転移抑制成分、黒参特有成分8種(Rk1、Rg3、Rg5 など)が入っているなど、有効な成分の含量が高い。
  • 高麗人参や紅参より2倍から最高10倍程度の黒参の有効成分Rk1、Rg3、Rg5が高い。
  • 人参組織の澱粉粒子がゾル(sol) 状態からゲル状態に変化し、高麗人参、紅参に比べて消化吸収がよくなる。
  • 9回の蒸熟過程を経る間、各種酵素が不活性化されて、自己消化作用が起きなくて品質安定性が優れている


1粒の黒参分量は280mg含んでいます。

体験談コーナー



清水昭廣さん 72歳

平成23年に糖尿病を発症し血糖値500でした。
ヘモグロビンA1cは10.0もありました。

その後、合併症などで、白内障、狭心症、高血圧などが続き、
令和元年5月には心臓病のバイパス手術をやり現在に至っています。
高血糖150~200、ヘモグロビンA1cは8.0とよくありません。

2ヶ月前よりSEIGAの黒参・真美源を毎日3粒飲み始めましたが、
血糖値が平均120まで改善し、ヘモグロビンA1cは7.0まで下がりました。
1ヵ月後位から体調がよくなってきたと感じてます。
心臓手術後インスリンを1日3回打っていますが、投与量が大幅に減らせそうです。

この真美源の御蔭ですね。
今後も続けたいと思います。

※お客様の感想であり、効能ではありません。

商品について